婚約指輪の今と昔


そもそも婚約指輪とはプロポーズする際に贈る指輪で、結婚指輪のようにペアで着ける指輪ではありません。結婚の約束をした男女の中で、男性側から女性側へ贈る物が婚約指輪となります。婚約指輪は結婚指輪と違い常に着け続けている物ではないのでデザインの選択の幅が広く、ファッション性の高い物を選ぶ事が出来ます。

お金婚約指輪を選ぶ時に気になってくるのは価格帯でしょう。いくらくらい掛かるものなのか、平均的な費用はどれくらいなのか誰もが疑問に思う事です。一昔前には婚約指輪の費用は給料三か月分、なんて言われていましたが現在では概ね三十万円台の後半くらいが多いようです。人によっては百万を超えるような婚約指輪を贈る方もいるのでしょうが、あくまでも平均はそのくらいとなっています。この金額は、今と昔の月給の違いから来ています。現在の月給は昔と比べると大分額が増えていますので、その違いからこうしたズレが起きたのです。給料が増えているのならその分物価も上がったはずですが、その点も昔は今ほど物が溢れかえってはいませんでしたから、同ランクの物の価値が高かったのでしょう。

このように婚約指輪の平均金額は現在では概ね三十万後半というものでした。この金額は世代によって変わってくるもので、会社などでの役職が高くなってくる三十代以降では金額は増えてきます。ですので、今の婚約指輪の平均は給料一ヶ月分プラスアルファと考えておけば間違いはないでしょう。