婚約指輪といえば


婚約指輪として贈られる指輪に選ばれる宝石と言えばダイヤモンドが不動の地位を築いています。同時に婚約指輪の価格を決める大きな要因にもなっていますので、ダイヤモンドがどのような点を考慮して値段が決められているのか説明します。

バラと指輪ダイヤモンドの宝石言葉は、純潔・純愛や永遠の絆と言った婚約・結婚にぴったりの物ですので永遠の絆の象徴として長年選ばれて来ました。そうしたダイヤモンドの価格は、カット・カラー・クラリティ・カラットの4Cという基準で決定されます。これらの4Cのグレードが高ければ当然婚約指輪の値段も上がってくるのですが、ダイヤモンドには偽物が流通している事があり、技術の進歩によってそれらの偽物のクオリティが上がったためプロですら見分けるのが難しいという現状になっています。ですので、ダイヤモンドの指輪を購入される際には、信用の置けるお店での購入をおすすめします。大切な婚約の贈り物が偽物だったなんて事になったら目も当てられませんから。

婚約指輪として贈られる指輪についているダイヤのカラット数は2.5カラット前後が人気のようです。1カラットの重さが0.2グラムですので2.5カラットで5グラムほどの重さのダイヤモンドになります。そのランクのダイヤを想定しつつ予算内に収まるような物を選ぶのが良いでしょう。