支払いは一括・分割

予算の相場を調べるのはやはり皆さん共通のようで、予想をしないで購入に行く方というのはあまりいないようです。調べ方で多いのは、ネットが一番多く、続いてパートナーと相談して相場を想定していたり、結婚雑誌などに掲載している物を参考にしているようです。サプライズで渡そうと考えている方にとってはパートナーとの相談ができないので、友人や先輩などに話を聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

指輪を渡す購入する際には八割がたの男性が一括購入しているようです。現金かカードかの違いはありますが、多くの男性がコツコツと貯金してパートナーに喜んでもらいたいと考えているのでしょう。一緒に購入しに行くのであれば男らしいところを見せたいと、頑張ってしまう男性も多いようで、こうした結果になっているのでしょう。婚約指輪の予算は前述しました通り三十万後半となりますので、それ以上の額は一括で払えるように予算を準備しておく方が多くいるという事です。ただ、女性側としては意外にも値段は気にしないという方や、2~30万円台のものであれば十分だという意見が多いようです。これから結婚するという相手には無理して欲しくないという事でしょう。

こうした意見もあるので、平均はどうあれ無理のない範囲で予算を組んでプロポーズするのが良いでしょう。プロポーズの後には結婚も当然控えていますので、そちらで掛かる費用の事も計算して婚約指輪にはいくらまで割けるのか事前にある程度計算し、無理な生活にならないように気を付けておくのが良いでしょう。

婚約指輪といえば

婚約指輪として贈られる指輪に選ばれる宝石と言えばダイヤモンドが不動の地位を築いています。同時に婚約指輪の価格を決める大きな要因にもなっていますので、ダイヤモンドがどのような点を考慮して値段が決められているのか説明します。

バラと指輪ダイヤモンドの宝石言葉は、純潔・純愛や永遠の絆と言った婚約・結婚にぴったりの物ですので永遠の絆の象徴として長年選ばれて来ました。そうしたダイヤモンドの価格は、カット・カラー・クラリティ・カラットの4Cという基準で決定されます。これらの4Cのグレードが高ければ当然婚約指輪の値段も上がってくるのですが、ダイヤモンドには偽物が流通している事があり、技術の進歩によってそれらの偽物のクオリティが上がったためプロですら見分けるのが難しいという現状になっています。ですので、ダイヤモンドの指輪を購入される際には、信用の置けるお店での購入をおすすめします。大切な婚約の贈り物が偽物だったなんて事になったら目も当てられませんから。

婚約指輪として贈られる指輪についているダイヤのカラット数は2.5カラット前後が人気のようです。1カラットの重さが0.2グラムですので2.5カラットで5グラムほどの重さのダイヤモンドになります。そのランクのダイヤを想定しつつ予算内に収まるような物を選ぶのが良いでしょう。

婚約指輪の今と昔

そもそも婚約指輪とはプロポーズする際に贈る指輪で、結婚指輪のようにペアで着ける指輪ではありません。結婚の約束をした男女の中で、男性側から女性側へ贈る物が婚約指輪となります。婚約指輪は結婚指輪と違い常に着け続けている物ではないのでデザインの選択の幅が広く、ファッション性の高い物を選ぶ事が出来ます。

お金婚約指輪を選ぶ時に気になってくるのは価格帯でしょう。いくらくらい掛かるものなのか、平均的な費用はどれくらいなのか誰もが疑問に思う事です。一昔前には婚約指輪の費用は給料三か月分、なんて言われていましたが現在では概ね三十万円台の後半くらいが多いようです。人によっては百万を超えるような婚約指輪を贈る方もいるのでしょうが、あくまでも平均はそのくらいとなっています。この金額は、今と昔の月給の違いから来ています。現在の月給は昔と比べると大分額が増えていますので、その違いからこうしたズレが起きたのです。給料が増えているのならその分物価も上がったはずですが、その点も昔は今ほど物が溢れかえってはいませんでしたから、同ランクの物の価値が高かったのでしょう。

このように婚約指輪の平均金額は現在では概ね三十万後半というものでした。この金額は世代によって変わってくるもので、会社などでの役職が高くなってくる三十代以降では金額は増えてきます。ですので、今の婚約指輪の平均は給料一ヶ月分プラスアルファと考えておけば間違いはないでしょう。