指輪は素材選びも重要

婚約指輪はもらえれば女性は嬉しい物のようで、貰った女性の満足度は九割を超えています。男性の贈る理由もパートナーが望んでいると思ったから、という物が一番多いようで女性に喜んでほしいと望む男性が多いようです。

指輪そうした理由から女性が好んでいる物をプレゼントするのが一番良いのですが、二人で選ぶのでしたら問題はありませんが、もしサプライズで贈ろうと考えている方にとってはパートナーがどんな指輪を欲しがっているのか直接聞くわけにもいかないので少々難関となってしまいます。好きな服装やアクセサリーの傾向から判断するか、パートナーの友人にそれとなく聞いてみるかしかないでしょう。ゴールド系のアクセサリーが好きな方には同様にゴールドの指輪を選んでみたり、服装がカラフルな色味のものが多い方にはダイヤではなく誕生石などの色の付いた宝石の物を贈ったりと、平均やテンプレートばかりでなくケースに合わせて選ぶのが一番だと思われます。宝石だけでなく、素材にも様々な種類のものがありますので基本的には宝石に合わせた素材を選ぶのがベストとされています。例えばダイヤモンドでしたら白色のプラチナが最も映えると言われています。また、どうしてもこの宝石が良いのだけれど予算が、という場合はリングの素材を安めなものに変えて予算の調整をすると言うのも一つの手です。

婚約指輪の選び方は様々ありますし、結婚指輪と違って耐久性などはそれほど気にしなくても構わない為、選択の幅は大きく広がります。ですが、一番重要なのはその指輪を贈る相手を絶対に幸せにするという表明であるという事をしっかり理解しておくという事です。結婚するという事は相手の人生を背負うという事でもありますので、今まで以上に責任感を持ち、パートナーも自分自身も幸せにしてください。